テオリア検査®

◎検査料金

種類 検査料金(税込)
すい臓がん 55,000円
消化器がん 55,000円
すい臓+消化器がん 77,000円

※消化器がん検査は、胃・食道・大腸・胆のう・肝臓がんに対応しています。
※自費検査は別途、自費診察料(1,500円)がかかります。

◎テオリア検査の特徴

国立がん研究センター研究所で開発されたエクソスクリーン法という特許技術を用いてエクソソームの表面マーカーを解析することでがんに由来するエクソソームをみつける検査です。エクソスクリーンでは、まずすべてのエクソソームの表面に存在する抗原であるCD9などに対する抗体をアクセプター・ビーズに結合させます。さらに、がん細胞が分泌するエクソソームの表面に存在すると考えられるがん特異抗原に対する抗体をビオチン化修飾し、ストレプトアビジンが結合したドナー・ビーズに結合させます。こうして、CD9とがん特異抗原の両方を表面に持っているエクソソームにこれら2種のビーズが近付いた際に発せられる光を検出することにより、がんに由来するエクソソームを定量することができます。

◎テオリア検査の精度

・感度85~88%
・特異度77~90% ※一般的な腫瘍マーカーの感度は、50%程度で早期診断には向いていません

◎テオリア検査のエビデンスを紹介

大腸がん患者由来の血清(194例)と健常人由来の血清(191例)のCD9 とCD147を発現しているエクソソ一厶由来のシグナルを測定した結果、従来の血液検査(腫瘍マーカーCEAやCA19-9)と比較して、エクソスクリーン法は診断能を評価する指標であるAUCが高いことが示されました。 (従来法のAUCは約0.65。エクソスクリーン法のAUCは0.82。) 従来の血液検査では見つけることが出来なかった早期がんの検出が可能であると考えられます。
参考論文:Nat Commun. 2014 Apr 7;5:3591. doi: 10.1038/ncomms4591.

~すい臓がんの早期診断への取り組み~

<当院で評価>
1.診察:
・腹痛、腹部膨満感、体重減少、食欲低下
・糖尿病で血糖コントロールの悪化
・家族歴がある
2.検査:
・アミラーゼ、リパーゼ、CA19-9などの高値
・膵管拡張・膵嚢胞などの画像所見(超音波検査またはCT)
・テオリア検査で高リスク

<専門医療機関で評価> 3.上記の該当項目がある場合、提携医療機関に紹介
※紹介先でMRCP、超音波内視鏡(EUS)などの精査

診療案内へ戻る
よくあるご質問
よくあるご質問
企業・団体の方へ
企業・団体の方へ

Access
アクセス

WEB予約

〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6−5
九段会館テラスB1F

東京メトロ・都営地下鉄/ 九段下駅 徒歩1分
東京メトロ・都営地下鉄/ 神保町駅 徒歩9分
東京メトロ・都営地下鉄・JR/ 飯田橋駅 徒歩11分